HOME > セミナー・研修会 > 【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.1」

お知らせ

 2010年1月16日に開催される「教育ファーム推進全国大会」。その開催までの模様を、【教育ファーム通信】(※)でお届けします。事前予約のお申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

 (※)【教育ファーム通信】は通常、モデル実証地区に配信しているメールマガジンです。準備号のみ公開します。

【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.1」

 教育ファーム推進事業
…………………………………………………………2009年12月4日発行………………
【教育ファーム通信】☆全国大会準備号 VOL.1
http://edufarm.jp/
=====================================

2010年1月16日(土)、「教育ファーム推進全国大会」を東京国際フォーラム
B5で開催します。テーマは、ズバリ「やらなきゃ損そん! 教育ファーム」。
全国大会準備号ではその《予告編》として、企画の内容や参加者のインタビュー
をお届けしていきます。事務局はつつがなく大会の日をむかえることができるか!?
 乞うご期待!!

ただいま、参加者の事前予約を募集しています。
お申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

=====================================

■目 次■

1. 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の”舞台裏中継”

2. 全国大会の見どころ・聞きどころ〜体験型展示コーナー 森川美保さんより

3. ここが面白い!教育ファーム「vol.1 教育ファームと生きものたち!」
 〜過去記事から

4. 地方事務局発! とれたて取材報告

********************************************************************
 ◆1◆ 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の”舞台裏中継”
********************************************************************

子どもも大人もみんなが主役になれる、それが教育ファームの醍醐味。
大会当日は、【ミニシアター】【パネルディスカッション】【体験型展示&
作品展】【教育ファーム劇場】の4つのコーナーで、魅力あふれる実践例の
エッセンスを紹介します。

ところで、みなさんは「ペットボトル稲」って知っていますか?
2リットルのペットボトルに穴を開けて泥を詰め、イネを一株植えるだけの
ミニミニ田んぼ(?)ですが、持ち運びもラクちん、家に持ち帰って観察も
できるので、庭の小さな学校・幼稚園で最近、大人気(^0^)/
もちろん、ちゃんとお米も収穫できます。
やまぐち里山環境プロジェクト(山口大学附属幼稚園)では、ポン菓子を
つくったそうですよ。

▼機械より手、玄米よりモミ殻、ぶちまけろポン菓子!
http://edufarm.jp/wp2009/?p=713

大会当日は、【体験型展示&作品展】の「家庭でもできる!簡単ペットボトル
の稲」コーナーで、ぜひ体験してみてください。

********************************************************************
 ◆2◆ 全国大会の見どころ・聞きどころ〜体験型展示コーナー
  森川美保さんより
********************************************************************

森川美保さんは、愛知県美浜町で「季の野の台所」を主宰する生産者。
全国大会では「体験型展示コーナー〜教育ファームの台所」で、農家のおやつ
をはじめ野趣たっぷりのアイデア料理を公開していただきます。
教育ファームでは、作業体験と季節感ある「食」をセットにしたプログラムで、
毎回工夫している森川さん。大会に向けて、お話をうかがってみました。

Q1 教育ファームを一年続けてみて、ここが変わった、ここがよかった
ところは?
森川:
参加者のなかには、遠いところだと高速道路を使っても1時間以上かかって
来ているご家族も複数みえるのですが、「最初は遠いかなあって思ったけど、
今はちっとも遠くって感じないよね」と言ってくれて。距離って実測ではな
くて、心で測るものだと。一年間の成果として嬉しかったことですね。

Q2 「季の野の台所」だからできたことってありますか?
森川:
季の野の台所には、家畜としてのロバやヤギ、犬、鶏など、育てるお米のほか
にも、たくさんの「いのち」があります。この家畜の役割を全面に出して、
毎回、農作業そのものよりも、もっと深く生きるエネルギーに変わるような心
の奥を耕すつもりで、「農」がもつ豊かさを伝えてきました。

Q3 最後に、全国大会に向けて意気込みをどうぞ!
森川:
都会の真ん中でも、田んぼや畑にいるみたいにゆったりとしたひとときを感じ
てもらえるような空間で、農家の暮らしのおいしいものを用意してお待ちして
います。

▼森川美保さん(季の野の台所)の関連記事
2009年6月6日現地レポート『懐かしのおやつ作りで充実の食農体験』
http://edufarm.jp/wp2009/?p=61

********************************************************************
 ◆3◆ ここが面白い!教育ファーム「vol.1 教育ファームと生きものたち!」
  〜過去記事から
********************************************************************
教育ファームの運営に役立つポイントを、過去の記事からひろってみました。
今回は田んぼの虫から畑の豚まで、参加者たちの心をつかんで離さない生き
ものたちが登場する記事を紹介。

▼現地レポート
・乙女もとろかす!魅力いっぱいの「生きもの田んぼ」
かごしま食農育協議会(鹿児島県・鹿児島市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=516

・「豚田兵」との対面式〜お肉になるまで見届けます〜
祝島未来航海プロジェクト実行委員会(山口県・上関市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=84

・役者はそろった! イケイケJK 青春の味
はかた一番どり推進協議会(福岡県・久留米市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=265

・「いのち」との出会い、そして別れ
社団法人 ふくい・くらしの研究所(福井県・鯖江市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=457

▼実践の勘どころ
・愛知から「子ヤギといっしょにダイズも育つ」
保育園児にとって数ヵ月続くダイズ栽培は退屈の連続。収穫して
「おいしかった」だけに終わらせない、動物を使っての一工夫。
http://edufarm.jp/kan/kan12.html

********************************************************************
 ◆4◆ 地方事務局発! とれたて取材報告
********************************************************************
「現地レポート」は日々更新中! これからの活動に役立てるためにもぜひ
チェックを!

▼最近更新した「現地レポート」
・老人会、食改さん ベテランの支援で充実のサツマイモづくし体験
高取町教育ファーム推進協議会(奈良県・高取町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=722

━━発 行 元━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「教育ファーム通信」
 農山漁村文化協会「教育ファーム推進事業」事務局
  サイト:http://edufarm.jp/
  メール:
当メールマガジンの著作権は各執筆者及び(社)農山漁村文化協会に帰属します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この催事は、農林水産省 平成21年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」の一環として開催します。


▲ページトップ