HOME > セミナー・研修会 > 【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.2」

お知らせ

 2010年1月16日に開催される「教育ファーム推進全国大会」。その開催までの模様を、【教育ファーム通信】(※)でお届けします。事前予約のお申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

 (※)【教育ファーム通信】は通常、モデル実証地区に配信しているメールマガジンです。準備号のみ公開します。

【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.2」

 教育ファーム推進事業
…………………………………………………………2009年12月10日発行…………
【教育ファーム通信】☆全国大会準備号 VOL.2
http://edufarm.jp/
=====================================

「教育ファーム推進全国大会」の参加者も徐々に集まってきました。
お申し込みいただいた皆様、早速にありがとうございます。
事務局では出来上がったばかりのチラシを手にし、PRに本気です。

さてVOL.2では、教育ファーム体験の「食べる」にスポットをあて、
全国大会当日のパネリスト中田三喜男さんのインタビューや「教育ファームねっと」
の過去の記事を紹介。「おいしー」の笑顔、盛りだくさんの内容ですよ。

ただいま、参加者の事前予約を募集しています。
お申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

=====================================

■目 次■

1. 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の”舞台裏中継”

2. 全国大会の見どころ・聞きどころ〜パネルディスカッション 中田三喜男さん
より

3. ここが面白い!教育ファーム「vol.2 活動の日は季節感ある食とセットで」
 〜過去記事から

4. 地方事務局発! とれたて取材報告

********************************************************************
 ◆1◆ 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の”舞台裏中継”
********************************************************************
全国大会のミニシアターのコーナーで初上映する「(仮)教育ファームをはじめ
ませんか」を、事務局でひと足先に映像チェックしたところです☆
撮影地のチョイスからロケまで約半年、「教育ファームをやってみたい!地域を
元気にしたい! と思ってもらえるようにしたい」一心で、ただいま映像を編集中。
いまも熱い熱い会議を繰り広げているところです。

事務局が撮影に同行した「大長谷・やまの学校」(富山県・富山市)は、従来
の自然体験学習にプラスして、今年から稲作体験を行っています。
撮影当日は夏の宿泊体験の日。田んぼがある大長谷地区ってどんなところなの?
標高1,596mの白木峰を参加者といっしょに登りつつ、ビデオ撮影もインタビュー
も敢行…ヒ―ヒ―、ついていくのに必死でした(-.-;)  
できあがった映像を見ると、そんな夏の思い出が蘇ってきます。

そんな「大長谷・やまの学校」の記事はこちら↓
▼山里の秘密基地から思いよとどけ!
http://edufarm.jp/wp2009/?p=77

教育ファームの魅力いっぱいのミニシアターは、午前の部(10:40〜11:10)
で上映します。
本邦初公開。お見逃しなく!

********************************************************************
 ◆2◆ 全国大会の見どころ・聞きどころ〜パネルディスカッション
  中田三喜男さんより
********************************************************************
市民体験農業を考える会(北海道・札幌市)の事務局を務める中田さんの本業は、
北海道市役所の職員。6年前から札幌市内の遊休農地を活用し、親子を対象とし
た週末の市民農園に取り組んでいます。
参加者といっしょに作りあげる教育ファームの面白さに、確かな手応えを感じて
いる中田さん。
今年のキーワードは、冬場の保存食!? さっそくお話を聞いてみました。

Q1 教育ファームを一年続けてみて、ここが変わった、ここがよかったところは?

中田:
参加者に北海道の食文化を伝えようと、今年は漬物づくり(ニシン漬け)に
チャレンジしました。また、同じ市内で教育ファームに取り組む「砥山農業
クラブ」との交流会も開催。活動の幅を広げられたのがよかったですね。

Q2 「市民体験農業を考える会」だからできたことってありますか?
中田:
札幌市やさっぽろ農学校OB、(社)北海道栄養士会、北海道大学など、多く
の団体の関係者が会員となっているので、それぞれの持ち味を活かして農作業
から調理加工まで、様々な体験企画をスムーズに実施できることです。

Q3 最後に、全国大会に向けて意気込みをどうぞ!
中田:
地元食材と伝統料理。そこに住んでいるからこそ味わえる魅力と感動を子ども
たちに伝えていきたい。なかでも冬に貯蔵したじゃがいもや漬物は甘味や旨味
が増して最高です。そんな北海道ならではの実践の工夫をお話したいと思います。

▼中田三喜男さん(市民体験農業を考える会)の関連記事
「私の畑」「みんなの畑」で楽しみ2倍
http://edufarm.jp/kan/kan02.html

********************************************************************
 ◆3◆ ここが面白い!教育ファーム
 「vol.2 活動の日は季節感ある食とセットで」〜過去記事から
********************************************************************
教育ファームの運営に役立つポイントを、過去の記事からひろってみました。
「農林漁業体験はなんといっても食べるところまでつなげないと!」ということ
で、今回は、その季節その地域ならではの「食」を取り入れて、豊かに広がった
活動を紹介します。

▼現地レポート
・名物ずんだ白玉から学ぶ 農家の庭先の豊かさ
NPO法人せんだいプチファーム(宮城県・仙台市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=573

・次代に残したいふるさとの味―農家が教えるおやきづくり
小布施子ども教室運営委員会(長野県・小布施町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=555

・「ほんもの」を知れば、子どもはこんなにも変わる
特定非営利活動法人 食育むすびの会(佐賀県・佐賀市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=295

・山里で学ぶ、鮎と五平餅のおいしい関係
津具森林組合・NPO法人 とみやま交流センター(愛知県・設楽町 豊根村)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=138

▼実践の勘どころ
・岩手から「いっぷく」は“ふるさとおやつ”にかぎる
農作業の合間の「いっぷく」は、子どもたちの楽しみの時間。そんなとき、
地域に伝わる“ふるさとおやつ”が登場すれば…
http://edufarm.jp/kan/kan10.html

********************************************************************
 ◆4◆ 地方事務局発! とれたて取材報告
*********************************************************************
「現地レポート」は日々更新中! これからの活動に役立てるためにもぜひ
チェックを!

・天然の冷蔵庫に「生ける」種採り地大根
安家地区教育ファーム推進協議会(岩手県・岩泉町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=741

・おやじたちに続け! 父子で夢中のソバ刈り体験
常安おやじの会(愛知県・名古屋市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=748

━━発 行 元━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「教育ファーム通信」
 農山漁村文化協会「教育ファーム推進事業」事務局
  サイト:http://edufarm.jp/
  メール:
当メールマガジンの著作権は各執筆者及び(社)農山漁村文化協会に帰属します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この催事は、農林水産省 平成21年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」の一環として開催します。


▲ページトップ