HOME > セミナー・研修会 > 【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.4」

お知らせ

 2010年1月16日に開催される「教育ファーム推進全国大会」。その開催までの模様を、【教育ファーム通信】(※)でお届けします。事前予約のお申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

 (※)【教育ファーム通信】は通常、モデル実証地区に配信しているメールマガジンです。準備号のみ公開します。

【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.4」

 教育ファーム推進事業
…………………………………………………………2009年12月24日発行…………
【教育ファーム通信】☆全国大会準備号 VOL.4
http://edufarm.jp/
=====================================
あっという間に時が過ぎ、今年も残り1週間。除夜の鐘を気持ちおだやかに聞ける
よう、年内もうひと踏ん張りです!!

さて、VOL.4のテーマは「教える人も元気になる 指導者ネットワーク」。
教育ファームを継続するコツは、子ども以上に大人自身が楽しむことのようです。
まさに教育ファームは、みんなが主役になれる「劇場」ですね!
教育ファームで子どもも先生も地域も元気になったと実感されている、木の庄西
小学校の鶴先生(広島県・尾道市、全国大会パネリスト)も、そうした「劇場」
の主人公の一人かもしれません。

ただいま、参加者の事前予約を募集しています。
お申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

=====================================

■目 次■

1. 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の”舞台裏中継”

2. 全国大会の見どころ・聞きどころ
 〜パネルディスカッション 鶴満喜枝さんより

3. ここが面白い!教育ファーム
「vol.4 教える人も元気になる 指導者ネットワーク」〜過去記事から

4. 地方事務局発! とれたて取材報告

************************************************************************
 ◆1◆ 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の”舞台裏中継”
************************************************************************
出演者の皆さんとのやりとりから内容も具体化し、ようやく大会の全体像が見えて
きました。体験型展示コーナーでは、実のついたミカンの木が出現!冬の田んぼの
生きもの登場! わら細工工房開店!
東京国際フォーラムが「農の風景」で占拠される勢いです!? 出演者の熱い思いに
後押しされ、準備に奮闘中です。

冬の田んぼも体験の場。大谷中学校(宮城県・気仙沼市)は、生産活動と同時に
野鳥の居場所もつくる「冬水田んぼ」に取り組んで3年目、無農薬・無化学肥料栽培
のイネつくりに挑戦しています。「生きものがいるからイネが育つ」そんな関係を
探求中です。
NHKのTV番組「セイブ・ザ・フューチャー」(2008年12月29日放送)で、
タレントの山口智充さんと藤原紀香さんが食べたおにぎりは、大谷中学校の
お米だそうですよ。

▼田植え・冬水田んぼの米作りスタート
http://edufarm.jp/wp2009/?p=42

当日は、大谷中学校の生徒の皆さんと指導にあたるNPO田んぼのスタッフが、
冬の田んぼの生きものを持参して、はるばる宮城から駆けつけてくれます。
顕微鏡で生きもの観察もできますよ!
【体験型展示コーナー】は12:40〜スタート。

************************************************************************
 ◆2◆ 全国大会の見どころ・聞きどころ〜パネルディスカッション
  鶴 満喜枝さんより
************************************************************************
尾道市立木ノ西小学校が中心となる「木ノ庄西教育ファーム推進協議会」では、
お米やブドウづくりなど、小学校の農業体験を地域ぐるみで応援しています。
今回は、こうした体験活動が子どもたちの「生きる力」を育てることはもちろん、
「学習面の成果でも手応えを感じている」という、同小学校の鶴教頭先生にお話
をうかがいました。

Q1 教育ファームを一年続けてみて、ここが変わった、ここがよかったところは?
鶴:
生産者・学校ボランティア・保護者と、「教育ファーム」を話題に、学校が子ども
たちに何を学ばせたいか話し込めたことは大きな成果です。また、教師の実践・
子どもの作品を学校から地域に発信するなかで、地元のテレビや新聞で報道される
ことで、保護者が学校の実践を見直してくれたことが嬉しいですね。

Q2 「木ノ庄西地区教育ファーム推進協議会」だからできたことってありますか?
鶴:
代々、地域の老人会の協力で行われてきたのですが、2年前に老人会が無くなった
時、学校ボランティアをお願いしたところ、多くの地域の人が協力してくれました。
地域の諸団体とPTAと学校の関係が信頼で結ばれているところが大きいですね。
学校田や学校農園の提供をはじめ、農業体験の指導など、いろいろと地域の力を
お借りしています。

Q3 最後に、全国大会に向けて意気込みをどうぞ!
鶴:
地域ボランティア(学校応援団)や表現表現活動(国語・図画工作)など、学校
タイプの教育ファームとして、学校規模に関係なく都市部でも自然豊かなところ
でも、どんな条件のところの学校でも取り組める内容の発表をします。

▼鶴満喜枝さん(尾道市立木ノ庄西小学校)の関連記事
http://edufarm.jp/media/image/20091214kyoiku.pdf

************************************************************************
 ◆3◆ここが面白い!教育ファーム「vol.4 教える人も元気になる 
 指導者ネットワーク」 〜過去記事から
************************************************************************
教育ファームの運営に役立つポイントを、過去の記事からひろってみました。
地元農家、食品企業、生協、農業高校生……教育ファームで元気になるのは子ども
たちよりも実は、地域のあらゆる人たちのネットワーク。
今回は、そんな体験を楽しむ大人たちの取組みを紹介します。

▼現地レポート
・農家の「苗取り」作業に「むら」の絆をみる
高取町教育ファーム推進協議会(奈良県・高取町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=148

・行けー細マッチョ!梅の塩漬けは小技も力も必要だ
丸東改援隊(宮城県・丸森町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=311

・サポーターは地元のスーパー農高生
農事組合法人立山農産 (熊本県・山鹿市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=396

・生協と市場と生産者、地産地消の強力タッグ!
生活協同組合コープかがわ(香川県・高松市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=597

************************************************************************
 ◆4◆地方事務局発! とれたて取材報告
************************************************************************
「現地レポート」は日々更新中! これからの活動に役立てるためにもぜひ
チェックを!

・ボクにもできた!でっかいコンバインでイネ刈り体験
JAやまがた置賜青年部飯豊添川支部(山形県・飯豊町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=785

・笑顔が満開!子どもたちこそ「ふるさとの華」
静原コスモストピアの会(京都府・京都市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=808


━━発 行 元━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「教育ファーム通信」
 農山漁村文化協会「教育ファーム推進事業」事務局
  サイト:http://edufarm.jp/
  メール:
当メールマガジンの著作権は各執筆者及び(社)農山漁村文化協会に帰属します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この催事は、農林水産省 平成21年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」の一環として開催します。


▲ページトップ