HOME > セミナー・研修会 > 【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.5」

お知らせ

 2010年1月16日に開催される「教育ファーム推進全国大会」。その開催までの模様を、【教育ファーム通信】(※)でお届けします。事前予約のお申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

 (※)【教育ファーム通信】は通常、モデル実証地区に配信しているメールマガジンです。準備号のみ公開します。

【教育ファーム通信】「全国大会準備号 vol.5」

 教育ファーム推進事業
…………………………………………………………2010年1月7日発行…………
【教育ファーム通信】☆全国大会準備号 VOL.5
http://edufarm.jp/
=====================================
新年 明けましておめでとうございます。
ついに全国大会開催まで10日を切りました。募集定員の残り席もあとわずか。
事務局もいよいよラストスパートの態勢に入りましたよ。

さて年明け最初のVOL.5のテーマは「しっかりつくって売ろう、良さをアピール
しよう」です。
教育ファームで作物を育て、できた自慢の産物を、みんなにPRして食べてもらい
たいと思うようになった子どもたち。
そんな時、販売体験や学校給食などの出口(=お裾わけ)の工夫があれば、教育
ファームはますます楽しく、心に残る体験になります。
そんな工夫の一部を紹介します。

全国大会の残りわずか30席となりました!
お申し込みはこちらから→http://edufarm.jp/news/20100116_1.html

=====================================

■目 次■

1. 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の“舞台裏中継”

2. 全国大会の見どころ・聞きどころ〜わら細工チャレンジ工房 臼井隆さんより

3. ここが面白い!教育ファーム「vol.5 しっかりつくって売ろう、良さを
アピールしよう」〜過去記事から

4. 地方事務局発! とれたて取材報告

************************************************************************
 ◆1◆ 全国大会、ただいま準備中 〜事務局の“舞台裏中継”
************************************************************************
4日が仕事始めとなった事務局ですが、出演者や出展者との怒涛の連絡調整で、
正月気分も一気に吹き飛びました。
気がつけば、全国大会の最終的な出展団体は、なーんと50団体に! 北は北海道
から南は鹿児島まで、個性豊かな面々が当日、みなさんをお待ちしています。

ちなみに、「パネルディスカッション」や「教育ファーム劇場」といった、
ステージイベント以外にも、会場内を華やかにしてくれるのが展示コーナーの
「教育ファーム作品展」です。
子どもたちの絵画や壁新聞あり、取組紹介のパネルあり、作文や俳句などの作品
あり。リアルな体験をしたからこそ生まれる、感受性豊かな作品の数々を、是非
ご覧ください。
体験だけに終わらせない「振り返り」のヒントが、きっと見つかりますよ。

また、ホール入口には「感動フォトメモリ―2009」を設置。子どもたちの元気
な笑顔の写真がお出迎えします。「教育ファームねっと」内の写真館でお馴染み
の写真も登場! 感動の足跡をのぞいてみましょう。

▼教育ファーム写真館
http://photo09.edufarm.jp/

************************************************************************
 ◆2◆ 全国大会の見どころ・聞きどころ〜わら細工チャレンジ工房
  臼井隆さんより
************************************************************************
新潟県柏崎市で農業を営む臼井隆さん(なぐも原・結の里)は、東京都内や埼玉県
の小学校に出向き、総合的な学習の時間を使った出前授業、「お米の学校」を開い
ています。
イネの成長をヒトの成長に例えながら、"いのちの営み"について、わかりやすく
伝えるお話は、子どもたちに大好評。1校から始まった「お米の学校」は、10年間
で19校まで広がったそうです。
出前授業の先駆者である臼井さんに、インタビューしてみました。

Q1 今年の教育ファームで、ここが変わった、ここがよかったところは?
臼井:
子どもたちが育てた苗を、6月にマイ田んぼ(バケツ田んぼ)に植えるのですが、
その時に余った苗は、自宅に持ち帰らせています。家族でイネを育てると、親子の
会話が増えるんですね。私の「お米の学校」を参観する保護者も、多くなってきま
したよ。

Q2 臼井さん(なぐも原・結の里)だからできたことってありますか?
臼井:
一粒の種モミの"いのち"の芽生えから「お米の学校」を始めるところでしょうか。
イネの成長していく姿や環境を、子どもたちの心と体の変化や、生活環境(学校、
家庭、地域社会、友達とのかかわり)に置き換えながら、実体験と話を組み合わ
せた、この毎月1回の出前授業が好評なんです。

Q3 最後に、全国大会に向けて意気込みをどうぞ!
臼井:
「お米の学校」の稲作体験で収穫されるのは、私たちの食べ物となるお米だけでは
ありません。お米を育てる中でできた、稲ワラやモミ、米ぬかは、すべて捨てない
で、お世話になった人や自然にプレゼントとして贈るんです。
その一環として作った、子どもたちにも手軽にできる稲ワラを使った一輪挿しを、
思い出の一品として役立ててほしいですね。

▼臼井隆さん(なぐも原・結の里)の関連記事
自分だけのオリジナル!なんでもできるワラ細工
http://edufarm.jp/wp/?p=1155

************************************************************************
 ◆3◆ ここが面白い!教育ファーム「vol.5 しっかりつくって売ろう、良さをアピールしよう」
  〜過去記事から
************************************************************************
教育ファームの運営に役立つポイントを、過去の記事からひろってみました。
収穫物の販売を目標にすることで、子どもたちの意欲は劇的に向上!
今回は、各地から届いた販売体験レポートを紹介します。

▼現地レポート
・安いよ〜新鮮だよ〜! 売り切れ必至の二井宿小野菜
食農教育ネットワーク山形地域研究会(山形県・高畠町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=770

・大繁盛の子ども夕市 売上はジャガイモのタネ代!?
西桂町教育ファーム(山梨県・西桂町)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=472

・トロ箱もってレッツゴー 大活躍の子ども突撃販売隊
もち米プロジェクト(滋賀県・大津市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=828

・「うちにスカウトしたい!」
東果大阪(株)きっざぐりプロジェクトチーム(大阪府・大阪市)
 http://edufarm.jp/wp2009/?p=282

▼実践の勘どころ
・栃木から 手作り「のぼり」で気合も上昇!
いざ販売体験となるとなかなか出せないのが呼び込みの一声。
でも、アピールポイントが入った「のぼり」を持てば元気100倍!
http://edufarm.jp/kan/kan14.html

************************************************************************
 ◆4◆ 地方事務局発! とれたて取材報告
************************************************************************
「現地レポート」は日々更新中! これからの活動に役立てるためにもぜひ
チェックを!

・これは工作か調理か。大豆をつぶして味噌作りにチャレンジ
明成高等学校調理科リエゾンキッチン(宮城県・仙台市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=839

・トロ箱もってレッツゴー 大活躍の子ども突撃販売隊
もち米プロジェクト(滋賀県・大津市)
http://edufarm.jp/wp2009/?p=828

━━発 行 元━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「教育ファーム通信」
 農山漁村文化協会「教育ファーム推進事業」事務局
  サイト:http://edufarm.jp/
  メール:
当メールマガジンの著作権は各執筆者及び(社)農山漁村文化協会に帰属します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この催事は、農林水産省 平成21年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」の一環として開催します。


▲ページトップ