HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 中国・四国

‘中国・四国’ カテゴリーのアーカイブ

には25件の報告があります

広がってます! 米粉給食と地域の輪

2009 年 7 月 13 日 月曜日

横内小学校農業応援隊(高知県・高知市)

一つひとつ手書きの感謝状

一つひとつ手書きの感謝状

 きっかけは、去年の5年生が「総合的な学習」の時間に漏らしたこんな疑問からだった。
 「新潟産のコシヒカリは売れるのに、どうしてうちのおばあちゃんのコシヒカリは買ってもらえないの?」「米として売れないのなら、何か他の方法はないの?」……
 この“何か他の方法”を探すなかで子どもたちがたどり着いたのが、新聞記事から見つけた「米粉」だった。さっそく自分たちで育てた米を岡山県の製粉所で粉にしてもらい、パンやお菓子をつくってみたところ、モチモチした食感で実においしい。この米粉パンはやがて学校給食にも登場!

(more…)

ファームのまわりは楽しいことがいっぱい!

2009 年 7 月 11 日 土曜日

さぶみ牧童探検隊応援団(島根県・津和野町)

昔の子どもが今の子どもに竿づくりを伝授

昔の子どもが今の子どもに竿づくりを伝授

 さぶみ牧童探検隊の田んぼの脇に流れる、きれいな小川。今、子どもたちの間では、ミミズを掘って、その小川で釣りをするのが大ブームになっている。しかも、竿は手作りだ。
 大人に教わりながら、篠竹に糸をくくりつけ、仕掛けをつける。できあがった竿を手に、すぐにでも釣りに行きたい子どもたち。でも、残念ながら、今日は川が増水していて釣りは無理そう。「次回のお楽しみだね」と声をかけると、「うん!」と顔を輝かせた。

(more…)

食卓をヒントに阿波ナスをプロデュース!

2009 年 6 月 30 日 火曜日

阿波市立伊沢小学校(徳島県阿波市)

管理栄養士さんも感心しきりのユニークレシピがずらり

管理栄養士さんも感心しきりのユニークレシピがずらり

 伊沢小学校の家庭科室では、調理実習の真っ最中。天井から吊り下げた模造紙に描かれているのは、地元特産の“阿波ナス”をつかったレシピ。「焼きナッスー」「ナスとベーコンのチーズ焼き」「ナスのからあげ」「マーボ♪スパゲッティ」……
 このユニークなレシピを考えたのは、伊沢小学校の6年生28人。今年の「総合的な学習」の時間で、阿波ナスの栽培から調理、そして販売・PRまで取り組む予定だ。

(more…)

ママさんの目がキラリ!育てたピオーネは割安で買えますよ

2009 年 6 月 26 日 金曜日

おかやまコープ教育ファーム推進協議会(岡山県・美作市)

「双葉のところまで埋めて」「えっそんなに深く!?」

「双葉のところまで埋めて」「えっそんなに深く!?」

 大豆づくり日本一で表彰されたこともある“とうないファーム”の大豆畑で、黒大豆の種まきと定植に挑戦するのは、津山・美作エリア在住のお母さんたち19人。おかやまコープの組合員を中心に、30代~60代、子育ママさんからベテランママさんまで、みんなでにぎやかに作業をする。

(more…)

「豚田兵」との対面式~お肉になるまで見届けます~

2009 年 6 月 13 日 土曜日

祝島未来航海プロジェクト実行委員会(山口県・上関市)

鼻と掌で力比べ。「けっこう強い~~!」

鼻と掌で力比べ。「けっこう強い~~!」

 集会所近くの空き地に移動すると、そこではピンク色した2匹の子ブタが待っていた。1ヶ月前に生まれたばかりで、まだ体長は50センチくらい。今日は、この子ブタと“NPO光けんじのがっこう”(山口県光市)の小学生との対面式だ。子どもたちはこれから毎週末、交代でフェリーに乗って祝島に渡り、この子ブタたちの世話をする。

(more…)

はだしで田んぼ=「きもち悪くて気持ちいい~!」

2009 年 6 月 8 日 月曜日

川内いきいきクラブ(高知県・いの町)

盛り上がりすぎ?手形がついてますよ…

盛り上がりすぎ?手形がついてますよ…

 高知小学校と川内小学校の4~5年生、103名。今日は合同で田植えをする日。田んぼには、三角柱を横に倒したような道具が並べられている。苗を真っすぐ等間隔に植えるための定規で、かつて、この地域の田植えでは一般的に使われていたものだ。

(more…)

定住者も出現!「限界集落」に新しい風が・・・

2008 年 11 月 15 日 土曜日

やまぐち里山環境プロジェクト(山口県・山口市)

秋を迎えた大富集落

秋を迎えた大富集落

 山口市北部のどんづまりに位置する上郷大富(かみごうおおとみ)集落は、世帯数こそ90戸を数えるが、その大半は一人暮らしの老人や高齢者世帯。「上郷大富」の集落名が表すように、かつては林業を中心として「山深い郷」に「大きな富」のある集落だったようだが、時代の流れとともに過疎高齢化がすすみ、今では「限界集落」(人口比の50%以上が65歳以上の地域)のひとつに数えられる。

(more…)

「道具」と「機械」の威力の違い

2008 年 11 月 4 日 火曜日

農事組合法人えーのー(広島県・安芸高田市)

腰が入っていないから道具に振り回される

腰が入っていないから道具に振り回される

 可愛(えの)小3年生の児童が、ダイズ収穫の新旧スタイルを同時に体感した。

 この日は待ちに待った収穫。まずは畑の三分の一ほどのダイズを全員で、引っこ抜く。9月に枝豆を収穫した時の瑞々しい感触と、カラカラになったダイズの違いに驚く子どもたち。ダイズはブルーシートの上に集められ、そしてある道具が登場した。

(more…)

おにぎりをテーマに、米と塩と具の物々交換

2008 年 11 月 4 日 火曜日

とくしま総合的な学習研究会(徳島県・阿波市)

とくしまおにぎりプロジェクト

阿波市立伊沢小学校では、5年生(28名)が農家の都築さんの田んぼ10アール弱を借りて、米づくりを行なっている。市内の市場小学校に勤務する藤本勇二先生に声をかけられ、今年度は「とくしまおにぎりプロジェクト」にも参加。
市場小と鳴門市立林崎小に伊沢小でできた米を送り、市場小からはおにぎりの具(ナス漬けの予定)、林崎小からは海水から手づくりした塩が送られる予定だ。おにぎりの素材である、米、塩、具を物々交換することで、子どもたちの意欲を喚起するというプロジェクトだ。 (more…)

手づくり資料で新米の営農指導員が奮闘中

2008 年 8 月 16 日 土曜日

JA鳥取中央「あぐりキッズスクール」(鳥取県・倉吉市)

オリジナルの資料を手に説明する吉田指導員

 8月16日(土)、鳥取県北栄(ほくえい)町の小さな集会所に、あぐりキッズスクールの子どもたち(JA鳥取中央の公募で集まった小学校3年生~6年生)、21名がやってきた。
まだまだ暑い毎日が続くなか、「先生!今日は何するの?」と、大きな声が響く。
「これからフレッシュなお兄ちゃんが、おコメについての話しをするから、みんなよ~く聞いてよ。おコメについての問題も出すからね」と山本支所長に紹介されて、新米の営農指導員の吉田歳宏さん(28)が緊張した面持ちで登場した。吉田さんに資料を配ってもらったスクール生は、さっそくページをめくりだす。

(more…)


Page 2 of 3«123»