HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 協力団体

‘協力団体’ カテゴリーのアーカイブ

には18件の報告があります

保育園でもプチ教育ファーム

2008 年 12 月 15 日 月曜日

都賀町教育委員会(栃木県・都賀町)

「はいっ!ブロッコリー」とカメラにポーズをとる園児たち

「はいっ!ブロッコリー」とカメラにポーズをとる園児たち

「ブロッコリーって大きいね~!」
 12月の青空に、都賀(つが)町立よつば保育園の子どもたちの、元気な声が響きわたる。

 夏に無農薬カボチャを収穫した都賀中学校2年生は、同じ畑に植えたブロッコリーも見事に無農薬で育てあげた。収穫したブロッコリーは、町のイベントやJAの直売所で中学生たちが販売し、町内全小中学校の給食にも提供され、それでも畑にはまだたくさん残っている。

(more…)

「そば物語」――里山交流にあたらしい風

2008 年 12 月 14 日 日曜日

社団法人 ふくい・くらしの研究所(福井県・鯖江市)

ソバ畑

ソバ畑

「わざわざこんな条件の悪いところで野菜をつくるなんて…」
 家族参加型の体験農場「食育体験サロン」を主催する、ふくい・くらしの研究所。スタートから3年目を迎え、里山の不耕作地をよみがえらせることにチャレンジしたのは、イベント型の体験から次のステップにすすみたいという思いから。
 鯖江市の市街地から車で20分。ここ河和田地区は、昔からイノシシなどの鳥獣害に悩まされてきた中山間地域。農家は自分の畑の管理に手一杯で、農業初心者が野菜づくりする姿を興味深げに眺めていた。

(more…)

お見事!地元粉屋とそば打ちマスターの連携プレー

2008 年 12 月 6 日 土曜日

青葉手打そば教室青蕎会(宮城県・仙台市)

 地元青葉区の桜ケ丘小と荒巻小の親子が、夏の暑いさなかに種をまいてスタートした「そば作り体験教室」は、あっという間に5ヵ月が過ぎ、いよいよ収穫したそばの実を使った「そば打ち体験会」の日を迎えた。

(more…)

地域の食材で元気もりもり!

2008 年 12 月 4 日 木曜日

岩泉町教育ファーム推進協議会(岩手県・岩泉町)

これで元気もりもり!

これで元気もりもり!

「地元の食材を使った給食を子どもたちにもっと食べてもらいたい!!」
 二升石(にしょういし)小学校と学校保健センターが、地域の食材によりこだわった「地産地消給食会」を開きたいと町の給食センターに持ちかけたのは2008年の4月のこと。
「給食センターも地元食材の利用をすすめたいので、ぜひ地産地消給食会を成功させてほしい!」と、それぞれの願いがピタリ一致。こうして、秋口から述べ5回の二升石小学校の「まめもり給食会(※)」がスタートした。

※ 「まめもり」とは、まめ(健康)で、元気もりもりの意味。平成16年度から岩泉町で始まった健康づくりネットワーク事業の名前から借用。

(more…)

定住者も出現!「限界集落」に新しい風が・・・

2008 年 11 月 15 日 土曜日

やまぐち里山環境プロジェクト(山口県・山口市)

秋を迎えた大富集落

秋を迎えた大富集落

 山口市北部のどんづまりに位置する上郷大富(かみごうおおとみ)集落は、世帯数こそ90戸を数えるが、その大半は一人暮らしの老人や高齢者世帯。「上郷大富」の集落名が表すように、かつては林業を中心として「山深い郷」に「大きな富」のある集落だったようだが、時代の流れとともに過疎高齢化がすすみ、今では「限界集落」(人口比の50%以上が65歳以上の地域)のひとつに数えられる。

(more…)

4か月かけてこぎつけた焼イモへの道

2008 年 11 月 14 日 金曜日

NPO法人富士川っ子の会(静岡県・富士川町)

ぼくのほうがデカいぞ~!

ぼくのほうがデカいぞ~!

 11月14日、NPO法人富士川っ子の会の農園に集まったのは、富士川町立第一小学校の一年生76名。軍手をはめた手に大小の手提げ袋を下げ、「サツマイモ、いっぱい穫るぞ~」と、収穫を前に皮算用だ。

(more…)

暮らしを彩る「お土産情報」が人気の秘訣

2008 年 10 月 29 日 水曜日

西村自然農園(愛知県・豊田市)

コンニャクイモ、おっきいね!

コンニャクイモ、おっきいね!

「暮らしを紡ぐ塾」を活動テーマとして教育ファームに取りくんでいる西村自然農園。
 秋にも花をつける四季桜のもと、幼い子を連れたお母さんたちが集まってきた。
 今日はコンニャクイモとダイコン、カブなどを畑から収穫。幼い子たちも、小ぶりのサツマイモ掘りでちゃんと作業に参加する。畑のまわりをぐるーっと見てまわって、「こういった野草にも食べられるものがたくさんあるんですよ」と、自然農園の西村文子さんが説明。あとで料理の彩りに使いましょうと、「ベニバナボロギク」という野菊をみんなで摘む。

(more…)

カボチャを植えただけなのに…

2008 年 10 月 15 日 水曜日

都賀町教育委員会(栃木県・都賀町)

カボチャ大豊作!

「保管する場所がな~い!」
 都賀(つが)中学校2年生(34人)が684㎡(約7畝)の畑にカボチャの苗を植えつけて、都賀町教育委員会の教育ファームがスタートしたのは、今年の5月。そのカボチャが、7月と8月の2回にわたって大大だ~い豊作(なんと500個)!中学校の給食のメニューには4回登場、さらに調理実習でも使用、さらにさらに保育園の給食や保健福祉課のメタボ対策調理実習にも提供、それでもまだ、カボチャは公民館の車庫にごろごろしていた。

(more…)

開店1時間で完売!ぼくらの黒豆を直売所で販売

2008 年 10 月 8 日 水曜日

ほほえみ会(兵庫県・佐用町)

10月8日、佐用町立利神(りかん)小学校3年生(19人)が、6月に播種・定植した茶豆(茶っころ姫)と黒豆(丹波黒)の収穫体験を行なった。栽培の中間管
理(中耕・培土、灌水、防除)を地域の農家グループに委託したので、子どもたちは、夏場のきつい作業や生育過程の様子を十分に体験・観察できなかったが、
この日は農家といっしょになって収穫、葉とり、単調な莢(さや)もぎの作業を頑張った。

(more…)

果物の花で“世界にたったひとつ”の小物づくり

2008 年 9 月 14 日 日曜日

白いリンゴの花が満開

砥山農業クラブ(北海道・札幌市)

砥山農業小学校の入学式は、サクランボの白い花、リンゴの淡いピンクの蕾と白い花におおわれた砥山ふれあい果樹園で行なわれた。参加した親子は果樹園の花を観察しながら、9月の授業で使う「押し花用」にと、花びらを壊さないようにひとつひとつ丁寧に摘みとる。
押し花づくりには時間がかかるため、作業は砥山農業小学校のスタッフが担当。
(more…)


Page 1 of 212»