HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 参加者

‘参加者’ カテゴリーのアーカイブ

には69件の報告があります

コンピューターよりも大根に夢中!

2008 年 11 月 7 日 金曜日

合鴨農法の薮田グリーンファーム(長野県・辰野町)

上野大根 掘れた!

 11月7日、秋の色濃い長野県辰野町の沢底(さわそこ)部落で、この地域に伝わる伝統野菜の上野大根を育てる有賀昌章(あるがまさあき)さんに迎えられたのは、信州豊南短期大学の幼児学科で生活園芸を学ぶ5人の学生。およそ350㎡(3畝半)ほどの畑に植えられた上野大根は、地中さほど深くないところに円筒形の根が張っているだけだから、大学生の若い勢いで、スッポンスッポン、気持ちいいくらいに抜ける抜ける、あっという間に20袋(合計約200kg)の大根が掘りあがった。

(more…)

「道具」と「機械」の威力の違い

2008 年 11 月 4 日 火曜日

農事組合法人えーのー(広島県・安芸高田市)

腰が入っていないから道具に振り回される

腰が入っていないから道具に振り回される

 可愛(えの)小3年生の児童が、ダイズ収穫の新旧スタイルを同時に体感した。

 この日は待ちに待った収穫。まずは畑の三分の一ほどのダイズを全員で、引っこ抜く。9月に枝豆を収穫した時の瑞々しい感触と、カラカラになったダイズの違いに驚く子どもたち。ダイズはブルーシートの上に集められ、そしてある道具が登場した。

(more…)

おにぎりをテーマに、米と塩と具の物々交換

2008 年 11 月 4 日 火曜日

とくしま総合的な学習研究会(徳島県・阿波市)

とくしまおにぎりプロジェクト

阿波市立伊沢小学校では、5年生(28名)が農家の都築さんの田んぼ10アール弱を借りて、米づくりを行なっている。市内の市場小学校に勤務する藤本勇二先生に声をかけられ、今年度は「とくしまおにぎりプロジェクト」にも参加。
市場小と鳴門市立林崎小に伊沢小でできた米を送り、市場小からはおにぎりの具(ナス漬けの予定)、林崎小からは海水から手づくりした塩が送られる予定だ。おにぎりの素材である、米、塩、具を物々交換することで、子どもたちの意欲を喚起するというプロジェクトだ。 (more…)

いつでん だれでん 「ばあちゃんち」

2008 年 11 月 2 日 日曜日

植木町教育ファーム地域協議会(熊本県・植木町)

「サロン」とは対極の雰囲気がいい子育て&農業体験サロン「ばあちゃんち」

「サロン」とは対極の雰囲気がいい子育て&農業体験サロン「ばあちゃんち」

 サンさんネットのシンボル的存在が、山東地区にある「ばあちゃんち」。築100年、周囲を畑に囲まれた約300坪の敷地には母屋と納屋と広い庭、そこに、80歳の太田隈(ただくま)フジエさんが一人で暮らしている。この、フジエばあちゃんとばあちゃんの住まいまるごとが、植木町地域子育て支援センターが運営する子育て&農業体験サロン。一人暮らしの高齢者の家が、そのまま子育て世代の居場所づくりを兼ねた世代間交流の場として開放されるユニークな試みだ。

(more…)

南院内のパエリアは、地元じまんの玉手箱やー

2008 年 11 月 2 日 日曜日

南院内小学校児童と「未来の教師」が“日本棚田百選”の地で共に歩む教育ファーム推進協議会
(大分県・宇佐市)

 青竹の器にみずみずしいバランの葉、サフランオレンジのつやつやご飯、真っ赤なエビ、黒のオマール貝、添えられた黄色のカボス。
「わぁ、きれい!」
 思わず歓声が口をつくほどに、彩りと盛り付けの美しいパエリアだ。

(more…)

暮らしを彩る「お土産情報」が人気の秘訣

2008 年 10 月 29 日 水曜日

西村自然農園(愛知県・豊田市)

コンニャクイモ、おっきいね!

コンニャクイモ、おっきいね!

「暮らしを紡ぐ塾」を活動テーマとして教育ファームに取りくんでいる西村自然農園。
 秋にも花をつける四季桜のもと、幼い子を連れたお母さんたちが集まってきた。
 今日はコンニャクイモとダイコン、カブなどを畑から収穫。幼い子たちも、小ぶりのサツマイモ掘りでちゃんと作業に参加する。畑のまわりをぐるーっと見てまわって、「こういった野草にも食べられるものがたくさんあるんですよ」と、自然農園の西村文子さんが説明。あとで料理の彩りに使いましょうと、「ベニバナボロギク」という野菊をみんなで摘む。

(more…)

囲炉裏を囲めば大家族

2008 年 10 月 25 日 土曜日

子育て農業応援団(石川県・金沢市)

泊りがけの収穫祭 初めて見る囲炉裏に興味津々の子ども

泊りがけの収穫祭 初めて見る囲炉裏に興味津々の子ども

 昔ながらの囲炉裏のある「あずまだち」の一軒家を貸し切って始まったのは、「子育て農業応援団」の収穫祭。「子育て」というだけに子どもとお母さんのペアを想像して来て見れば…さまざまな世代の人たち、総勢35名が大集合!!話を聞くまで誰と誰が家族なのかわからないほど、そこは参加者もスタッフも垣根がなく、まるで一つの大家族のような雰囲気だ。

(more…)

「カキ屋さん」に学ぶ!地域ならではの漁業体験

2008 年 10 月 24 日 金曜日

鏡浦地区青少年育成会教育ファーム推進協議会(三重県・鳥羽市)

 海でとってきた魚を調理室でさばいて食べる、鳥羽市立鏡浦中学校の生徒たち。
 市の中心部から車で10分あまり、リアス式海岸の漁師町では、平成11年度から学校と漁業関係者による体験活動が行なわれている。4月のひじき干し体験から始まって、船上釣り漁体験、魚さばき体験、漁獲漁業の調査活動などに取り組んできた子どもたちが、この日は、カキの養殖作業に挑戦した。

(more…)

ヤギさんも応援!プロ級の野菜づくりで残食ゼロ

2008 年 10 月 23 日 木曜日

沖縄県伊江村立西小学校教育ファーム推進協議会(沖縄県・伊江村)

「自分で育てた農作物を使った給食なら、野菜への関心も高まり、偏食も減るのでは」
 そんな新島悟校長の思いから始まった、沖縄県伊江村立西小学校137人の農業体験。この夏には500㎡の畑から約400kgのジャガイモを収穫し、そのうちの半分を伊江村立給食センター(一日500食を提供)に買いとってもらって、3つの小中学校の一週間分のおかずに。

(more…)

スローフードなフルコース

2008 年 10 月 18 日 土曜日

綾町教育ファーム協議会(宮崎県・綾町)

 宮崎市から車で約40分。「有機農業のまち」として知られる綾町には、年間100万人を超える観光客や農業体験者が訪れる。町の中心部にある直売所「ほんものセンター」は、開店と同時に駐車場が埋まり瞬く間に野菜や総菜が売れていく大人気店。そんな綾町で行なわれる教育ファームは、小学生の親子グループと団塊世代グループと二つのコースに分かれ、まる1日かけての有機野菜の栽培と収穫した野菜を使っての郷土料理づくりのメニュー。

親子&団塊揃ってのサツマイモの収穫作業

(more…)


Page 2 of 7«12345»...Last »