HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 野菜

‘野菜’ カテゴリーのアーカイブ

には79件の報告があります

食卓をヒントに阿波ナスをプロデュース!

2009 年 6 月 30 日 火曜日

阿波市立伊沢小学校(徳島県阿波市)

管理栄養士さんも感心しきりのユニークレシピがずらり

管理栄養士さんも感心しきりのユニークレシピがずらり

 伊沢小学校の家庭科室では、調理実習の真っ最中。天井から吊り下げた模造紙に描かれているのは、地元特産の“阿波ナス”をつかったレシピ。「焼きナッスー」「ナスとベーコンのチーズ焼き」「ナスのからあげ」「マーボ♪スパゲッティ」……
 このユニークなレシピを考えたのは、伊沢小学校の6年生28人。今年の「総合的な学習」の時間で、阿波ナスの栽培から調理、そして販売・PRまで取り組む予定だ。

(more…)

若手が伝える農業の「奥深さ」 ― 農薬散布をめぐって

2009 年 6 月 28 日 日曜日

S.S.C. ふれあいふぁ~む (群馬県・渋川市)

農業青年たち。お揃いのTシャツでスタッフミーティング

農業青年たち。お揃いのTシャツでスタッフミーティング

 「皆さんは、ご自分の畑に農薬を使いますか? それとも農薬に頼らずに害虫を防ぎますか?」
 地区の青年会議所と農業青年クラブが組織するS.S.C.ふれあいふぁ~む。小学6年生までの子どもとその家族を対象とする教育ファーム活動には、畑作業だけでなく屋内での「食農勉強会」もスケジュールに組みこまれている。
 この日、渋川市役所会議室に集まった保護者に話をするのは、スタッフの大武英司さん。なかでもみんなの関心を集めたのが、農薬の使用についてだった。大武さんは、農家が農薬を使わざるを得ない理由やいかに安全な農薬使用を心掛けているかなどの話をひと通り終えたあとで、参加者全員に、この質問を投げかけたのだ。
 「皆さんは農薬を使いますか?」

(more…)

わかった、これがわき芽やろ!

2009 年 6 月 27 日 土曜日

たけおの食育寺小屋実行委員会(佐賀県・武雄市)

「わからん?うーん、どうやったらわかるとね?」

「わからん?うーん、どうやったらわかるとね?」

 「ほらここ、葉の付け根の部分から出た小さな芽、これがわき芽よ」
 指導歴5年のベテラン農家、宮原祐子さんの説明に、集まった親子約50人が注目する。
 「わき芽を残しておくとどんどん大きくなって実まで栄養がいかなくなるの、だから小さいうちにわき芽を摘みとってね」
 そう言われた子どもたちは、いっせいに畑に散らばり、トマトやキュウリに駆け寄っていった。

(more…)

この開放感が教育ファームの醍醐味

2009 年 6 月 23 日 火曜日

農事組合法人 万葉の郷ぬかづか(滋賀県・東近江市)

「葉っぱは、お日様の方に向けて植えるんだね」。子どもも先生も、新たな発見!

「葉っぱは、お日様の方に向けて植えるんだね」。子どもも先生も、新たな発見!

 滋賀県東近江市糠塚町で集落営農を行う農事組合法人、万葉の郷ぬかづかの直売所前に、にぎやかな一行が到着した。県立八日市養護学校の生徒と先生たちだ。今日は楽しみにしていたサツマイモの苗植えの日。指導する組合員たちにとっても、楽しみなのは同じ。「お願いします!」両者の声が高らかに響く。

(more…)

きみたちは地域の頼り 「お~い、中学生~!」

2009 年 5 月 30 日 土曜日

バジルクラブ(長野県安曇野市)

「ちゃんと押さえててよ」「しっかり伸ばすんだぞ」

「ちゃんと押さえててよ」「しっかり伸ばすんだぞ」

 まずは畑のマルチ張り。「お~い、中学生~」と呼ばれた声に二人の男の子が駆け寄り、端を押さえる子、マルチロールを伸ばしていく子と作業を分けて元気よく動く。
 「お~い、中学生~」
 また声がかかった。今度は看板立てだ。「平成21年度にっぽん食育……」お決まり文句の字の枠をお母さんたちが線引きして、小さな子たちが中身を塗りつぶし、できたばかりの手作り看板を、中学生二人が田んぼの畦にしっかりと立てる。

(more…)

0(ゼロ)からの教育ファーム 「種くださーい!」

2009 年 5 月 8 日 金曜日

大野中公民館 畑で育てよう地域の輪(神奈川県・相模原市)

「種くださーい!」

「種くださーい!」

 きっかけは、公民館の事業「郷土料理講習会」。「農家に昔から伝わるメニューを覚えましょう」というコンセプトが、「せっかくなら市内でとれる野菜を使って」と広がっていき、さらに「育てて食べるところまで」とつながれば、あとはもう「教育ファーム」に足を踏みだすのは自然な流れだった。

(more…)

保育園でもプチ教育ファーム

2008 年 12 月 15 日 月曜日

都賀町教育委員会(栃木県・都賀町)

「はいっ!ブロッコリー」とカメラにポーズをとる園児たち

「はいっ!ブロッコリー」とカメラにポーズをとる園児たち

「ブロッコリーって大きいね~!」
 12月の青空に、都賀(つが)町立よつば保育園の子どもたちの、元気な声が響きわたる。

 夏に無農薬カボチャを収穫した都賀中学校2年生は、同じ畑に植えたブロッコリーも見事に無農薬で育てあげた。収穫したブロッコリーは、町のイベントやJAの直売所で中学生たちが販売し、町内全小中学校の給食にも提供され、それでも畑にはまだたくさん残っている。

(more…)

「そば物語」――里山交流にあたらしい風

2008 年 12 月 14 日 日曜日

社団法人 ふくい・くらしの研究所(福井県・鯖江市)

ソバ畑

ソバ畑

「わざわざこんな条件の悪いところで野菜をつくるなんて…」
 家族参加型の体験農場「食育体験サロン」を主催する、ふくい・くらしの研究所。スタートから3年目を迎え、里山の不耕作地をよみがえらせることにチャレンジしたのは、イベント型の体験から次のステップにすすみたいという思いから。
 鯖江市の市街地から車で20分。ここ河和田地区は、昔からイノシシなどの鳥獣害に悩まされてきた中山間地域。農家は自分の畑の管理に手一杯で、農業初心者が野菜づくりする姿を興味深げに眺めていた。

(more…)

お見事!地元粉屋とそば打ちマスターの連携プレー

2008 年 12 月 6 日 土曜日

青葉手打そば教室青蕎会(宮城県・仙台市)

 地元青葉区の桜ケ丘小と荒巻小の親子が、夏の暑いさなかに種をまいてスタートした「そば作り体験教室」は、あっという間に5ヵ月が過ぎ、いよいよ収穫したそばの実を使った「そば打ち体験会」の日を迎えた。

(more…)

息を止めてダイコンと一本勝負!

2008 年 12 月 2 日 火曜日

紀の川市環境保全型グループ(和歌山県・紀の川市)

ダイコンの声、聞こえた?

 紀の川市立名手(なて)小学校3年生が並んで歩いてくる姿をみて、指導農家の畑さんは「来た、来た」とにこやかに言う。子どもたちは畑につくと、「畑さ~ん」と駆け寄ってきて、あっという間に畑さんのまわりに輪ができた。

 畑さんはダイコン畑の真ん中に立って、子どもたちに語りかける。
「今日はダイコンの収穫です。これいつ種をまいたっけ?」
「9月!」
「そうだね、彼岸花が咲いている頃に種をまいたよね。それから今日まで70日ぐらいでこんなに大きくなりました。ところで、一度土から抜いたダイコンは、土に戻しても生きかえらないよ。だからダイコンをよ~くみて決めるんだ。決めたら息を止めて一気に引くんだ。抜ける時に『ポーン』と音がするから、その声をぜひ聞いてね!」

(more…)


Page 6 of 8« First...«45678»