HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 親子

‘親子’ カテゴリーのアーカイブ

には22件の報告があります

「そば物語」――里山交流にあたらしい風

2008 年 12 月 14 日 日曜日

社団法人 ふくい・くらしの研究所(福井県・鯖江市)

ソバ畑

ソバ畑

「わざわざこんな条件の悪いところで野菜をつくるなんて…」
 家族参加型の体験農場「食育体験サロン」を主催する、ふくい・くらしの研究所。スタートから3年目を迎え、里山の不耕作地をよみがえらせることにチャレンジしたのは、イベント型の体験から次のステップにすすみたいという思いから。
 鯖江市の市街地から車で20分。ここ河和田地区は、昔からイノシシなどの鳥獣害に悩まされてきた中山間地域。農家は自分の畑の管理に手一杯で、農業初心者が野菜づくりする姿を興味深げに眺めていた。

(more…)

お見事!地元粉屋とそば打ちマスターの連携プレー

2008 年 12 月 6 日 土曜日

青葉手打そば教室青蕎会(宮城県・仙台市)

 地元青葉区の桜ケ丘小と荒巻小の親子が、夏の暑いさなかに種をまいてスタートした「そば作り体験教室」は、あっという間に5ヵ月が過ぎ、いよいよ収穫したそばの実を使った「そば打ち体験会」の日を迎えた。

(more…)

いつでん だれでん 「ばあちゃんち」

2008 年 11 月 2 日 日曜日

植木町教育ファーム地域協議会(熊本県・植木町)

「サロン」とは対極の雰囲気がいい子育て&農業体験サロン「ばあちゃんち」

「サロン」とは対極の雰囲気がいい子育て&農業体験サロン「ばあちゃんち」

 サンさんネットのシンボル的存在が、山東地区にある「ばあちゃんち」。築100年、周囲を畑に囲まれた約300坪の敷地には母屋と納屋と広い庭、そこに、80歳の太田隈(ただくま)フジエさんが一人で暮らしている。この、フジエばあちゃんとばあちゃんの住まいまるごとが、植木町地域子育て支援センターが運営する子育て&農業体験サロン。一人暮らしの高齢者の家が、そのまま子育て世代の居場所づくりを兼ねた世代間交流の場として開放されるユニークな試みだ。

(more…)

暮らしを彩る「お土産情報」が人気の秘訣

2008 年 10 月 29 日 水曜日

西村自然農園(愛知県・豊田市)

コンニャクイモ、おっきいね!

コンニャクイモ、おっきいね!

「暮らしを紡ぐ塾」を活動テーマとして教育ファームに取りくんでいる西村自然農園。
 秋にも花をつける四季桜のもと、幼い子を連れたお母さんたちが集まってきた。
 今日はコンニャクイモとダイコン、カブなどを畑から収穫。幼い子たちも、小ぶりのサツマイモ掘りでちゃんと作業に参加する。畑のまわりをぐるーっと見てまわって、「こういった野草にも食べられるものがたくさんあるんですよ」と、自然農園の西村文子さんが説明。あとで料理の彩りに使いましょうと、「ベニバナボロギク」という野菊をみんなで摘む。

(more…)

囲炉裏を囲めば大家族

2008 年 10 月 25 日 土曜日

子育て農業応援団(石川県・金沢市)

泊りがけの収穫祭 初めて見る囲炉裏に興味津々の子ども

泊りがけの収穫祭 初めて見る囲炉裏に興味津々の子ども

 昔ながらの囲炉裏のある「あずまだち」の一軒家を貸し切って始まったのは、「子育て農業応援団」の収穫祭。「子育て」というだけに子どもとお母さんのペアを想像して来て見れば…さまざまな世代の人たち、総勢35名が大集合!!話を聞くまで誰と誰が家族なのかわからないほど、そこは参加者もスタッフも垣根がなく、まるで一つの大家族のような雰囲気だ。

(more…)

スローフードなフルコース

2008 年 10 月 18 日 土曜日

綾町教育ファーム協議会(宮崎県・綾町)

 宮崎市から車で約40分。「有機農業のまち」として知られる綾町には、年間100万人を超える観光客や農業体験者が訪れる。町の中心部にある直売所「ほんものセンター」は、開店と同時に駐車場が埋まり瞬く間に野菜や総菜が売れていく大人気店。そんな綾町で行なわれる教育ファームは、小学生の親子グループと団塊世代グループと二つのコースに分かれ、まる1日かけての有機野菜の栽培と収穫した野菜を使っての郷土料理づくりのメニュー。

親子&団塊揃ってのサツマイモの収穫作業

(more…)

いま、大学農場が市民に開かれた農業体験の場に

2008 年 10 月 17 日 金曜日

宮崎大学(宮崎県・宮崎市)

「これボクが掘ったー!」と、真っ黒な手に大きなサツマイモを抱えた幼稚園児が記念撮影。
毎年10月から11月にかけて、宮崎市内ほぼ全ての幼稚園・保育園のチビッコたちが、ミカンやサツマイモの収穫体験に、ここ宮崎大学木花(きばな)ファームを訪れる。じつにその数、のべ3千人。
「大学ってちょっと近寄りにくいところだけど、もっと市民に利用して欲しい。そのきっかけとしての芋ほりやミカン狩りなんです。勉強や研究の場であると、宮崎の人たちに開かれたファームを目指しているんです」と、宮脇亜也准教授(宮崎大学農学部)は話す。

(more…)

イネを刈る「ゾリゾリ」「ザクザク」の音が気持ちいい!

2008 年 10 月 11 日 土曜日

農業体験塾(北海道・滝川市)

 4回目の取組みとなる滝川市の農業体験塾。これまで田んぼの除草や生きもの観察など、イネの生長具合を観察しながら行なってきた田んぼでの体験も、いよいよ収穫のときを迎えた。あいにくこの日は、風が強く激しい雨が降ったりやんだりする荒れた天気。にもかかわらず、親子10組35名が参加した。
 青から黄金色に変わっていく田んぼの姿は、ここ滝川地区ではどこでも見られる風景だが、やはり自分で田植えをした田んぼは違うのか、「すごい!こんなにおコメがついている!」と、喜びもひとしお。
「今日は、ノコギリ鎌を使ってみなさんにイネを刈ってもらいます」と、伊藤塾長が挨拶。「イネを握る手は必ず親指を上にして握ってください。逆手で持つと指まで切ってしまうので十分に気をつけてくださいね」と、親子1組に1名ずつ指導農家さんがついて、イネ刈りはスタートした。

鎌の説明

(more…)

「育てる」体験から得た食べものへの実感

2008 年 9 月 28 日 日曜日

もち米プロジェクト(滋賀県・大津市)

 9月28日、大津市仰木の棚田では、「もち米プロジェクト」の稲刈りが行なわれた。
「地域の自治会を通じて地元生産者と連携し、仰木の棚田を活用・保全していこう」という思いのもとに、代表の中西さんほか自治会を中心とした地域の住民が集まりプロジェクトを開始してから5年。今年は、メンバー以外に地元の親子も参加して、より和やかな雰囲気での取り組みに。そしてもうひとつ、こちらは初めてのチャレンジとなったのが、田んぼの水管理だ。

(more…)

田んぼと畑には「お父さんのロマン」がある

2008 年 9 月 28 日 日曜日

おおやまだ農業小学校(三重県・伊賀市)

 今年で開校13年目、おおやまだ農業小学校には、大阪や名古屋など県外も含めて15家族が農業体験にやってくる。月2回の開校のうち1回は「自由登校の日」で参加も自由だが、2回ともしっかりと参加する親子が多い。
「『家族で農業小学校に参加しよう』といいだすのは、大抵はお母さん。でも活動がはじまると、いつの間にかお父さんの方がハマってるんですよね」と、事務局の三苫(みとま)悟さんはいう。
(more…)


Page 1 of 3123»