HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 魚介

‘魚介’ カテゴリーのアーカイブ

には9件の報告があります

大人になったワカメ いよいよ収穫!

2010 年 2 月 7 日 日曜日

有限会社 オズ(三重県・鳥羽市)

親子でワカメ料理に挑戦!

親子でワカメ料理に挑戦!

 鳥羽湾に浮かぶ離島・答志島で育ててきた、海上でのワカメ養殖体験も最終回。4ヶ月前に海にはなったワカメの子どもたちが、いよいよ収穫の日を迎えた。今日の海はこれまでのときに比べて波も高く、厳しい表情を見せている。その厳しくも豊かな海で、前回間引いたワカメはロープに隙間なく育ち、大きくなっていた。

(more…)

冬の海は食の宝庫 間引きワカメはしゃぶしゃぶで

2009 年 12 月 12 日 土曜日
海中に広がる新ワカメ

海中に広がる新ワカメ

有限会社 オズ(三重県・鳥羽市)

 10月に海へはなったワカメの赤ちゃんの成長を見るため、答志島から漁船あみりき丸に乗って養殖場へ向かう参加親子11人と(有)オズのスタッフたち。
 ワカメの赤ちゃん、どのくらい大きくなっていると思う?
 「20センチー!」「50センチー!」「1メートル!」
 子どもたちはみんな、ワカメの成長を楽しみにしている。

(more…)

ワカメの赤ちゃんって、ちっちゃいワカメじゃないんだ!

2009 年 10 月 25 日 日曜日

有限会社 オズ(三重県・鳥羽市)

海へ出るワカメの赤ちゃん

海へ出るワカメの赤ちゃん

 「ワカメの赤ちゃんってどんな形をしていると思う?」
 (有)オズが運営する海島遊民くらぶの兵頭千穂さんが、ワカメの養殖体験に集まった子どもたちに問いかけると、「小さい!」「種~!」「胞子!」子どもたちがそれぞれに答える。
 答えは海上で確かめようと、鳥羽湾に浮かぶ離島・答志島(とうしじま)から漁船に乗ってワカメの養殖場へと向かった。

(more…)

漁師直伝 お魚丸ごと「スゲー」体験

2009 年 10 月 21 日 水曜日
漁師の包丁さばきに熱い視線

漁師の包丁さばきに熱い視線

有田地区漁業青年協議会(和歌山県・湯浅町)

 和歌山県湯浅町は漁業、なかでも「シラス漁」の盛んな町。この日は漁港に近い田栖川小学校で、漁師のお魚料理教室が開かれた。メニューは、アジのツミレ汁とシラスの釜揚げ。 講師の住山和広さん(有田地区漁業青年協議会副会長)が、子どもたちに囲まれるなかアジの三枚おろしの実演を披露する。

(more…)

環境の違いが子どもの世界を広げる~島・山・村の交流

2009 年 8 月 11 日 火曜日

備後教育ファーム推進協議会(広島県・福山市)

ツボからとタコがニョロッ!

ツボからタコがニョロッ!

 瀬戸内海に浮かぶ走島(はしりじま)。そこの走島小学校(全校児童16名)に、山間部にある神石高原町立二幸小学校の全校児童16名、農村部にある福山市立箕島小学校の3年生28名が集まった。1泊2日の合同体験合宿は、今年度これが2回目。前回は二幸小での山村体験。今回は走島小で漁村ならではの体験をする。

(more…)

山里で学ぶ、鮎と五平餅のおいしい関係

2009 年 6 月 14 日 日曜日

津具森林組合・NPO法人 とみやま交流センター(愛知県・設楽町 豊根村)

鮎を育てる清流

鮎を育てる清流

 「『いただきます』ってどういう意味?」
 「いのちをたくさんもらってる!」
 素敵な答えに、教室中に拍手がひろがった。愛知県奥三河地区で行われた、山里で学ぶ自然「食」体験塾(※)、開校式のワンシーンだ(※「自然食」ではないこと、それと「食育」を強調したい思いを込めて、自然「食」)。

(more…)

イモのようにつながれ!広がれ! おいしい人の輪づくり

2009 年 6 月 6 日 土曜日

いも大学実行委員会 (愛知県・常滑市)

全部植え終わって「やったね!」

全部植え終わって「やったね!」

 「こちらがいも大学の畑の先生です!」
 参加親子14組がいも大学の畑に到着すると、準備をすませて待っていた10人ほどのシニアボランティアが、少し照れながら挨拶をする。
 用意されたサツマイモの苗は、紅あずま、種子島紫、ジェイレッド、黄金千貫、鳴門金時、紫蒸娘。6種類ものイモを植えるこだわりにも、「いも大学」というネーミングに込められた思い(↓参照)が表れているようだ。シニア先生にマルチの張り方や苗の植え方を教わりながら、親子で一本一本サツマイモの苗を植えつけていった。

(more…)

「カキ屋さん」に学ぶ!地域ならではの漁業体験

2008 年 10 月 24 日 金曜日

鏡浦地区青少年育成会教育ファーム推進協議会(三重県・鳥羽市)

 海でとってきた魚を調理室でさばいて食べる、鳥羽市立鏡浦中学校の生徒たち。
 市の中心部から車で10分あまり、リアス式海岸の漁師町では、平成11年度から学校と漁業関係者による体験活動が行なわれている。4月のひじき干し体験から始まって、船上釣り漁体験、魚さばき体験、漁獲漁業の調査活動などに取り組んできた子どもたちが、この日は、カキの養殖作業に挑戦した。

(more…)

カムバック!ぼくらのヒラメ

2008 年 7 月 2 日 水曜日

有田地区漁業青年協議会(和歌山県・有田市)

有田地区漁協青年協議会のみなさん

 和歌山県の有田地区漁業青年協議会と田栖川(たずがわ)小学校3~5年生約60名の取組みは、今年度の教育ファームのなかで数少ない漁業体験(栽培漁業)のひとつ。7月2日、約2か月に渡って養殖施設の水槽で育てられたヒラメの稚魚を、田栖川小学校3~5年生が栖原海岸へ放流する体験を行なった。
 5月中旬の施設への受け入れ時は、稚魚の大きさはわずか3cm程度。それが1か月後には7~8cmに成長。7月に入ると、大きいもので20cmほどにもなった。

(more…)