HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 東海

‘東海’ カテゴリーのアーカイブ

には20件の報告があります

大人になったワカメ いよいよ収穫!

2010 年 2 月 7 日 日曜日

有限会社 オズ(三重県・鳥羽市)

親子でワカメ料理に挑戦!

親子でワカメ料理に挑戦!

 鳥羽湾に浮かぶ離島・答志島で育ててきた、海上でのワカメ養殖体験も最終回。4ヶ月前に海にはなったワカメの子どもたちが、いよいよ収穫の日を迎えた。今日の海はこれまでのときに比べて波も高く、厳しい表情を見せている。その厳しくも豊かな海で、前回間引いたワカメはロープに隙間なく育ち、大きくなっていた。

(more…)

まん丸の味噌玉に「おいしくなーれ」の願いを込めて

2010 年 1 月 31 日 日曜日
みんなで米こうじと塩をまぜまぜ

米こうじと塩をまぜまぜ

日進野菜塾(愛知県・日進市)

 お米と味噌づくりを行う連続講座(詳しくは7/20のレポート)はいよいよ第8回、自分たちが畑で育てた大豆を使い、約40人の参加親子が6つのグループに分かれて味噌づくりに挑戦!

 「お子さんが味噌をこねる作業に参加すると、不思議とおいしい味噌ができると言われます。おいしくなーれ!と、願いを込めてつくりましょう」
 日進野菜塾のスタッフ、味噌マニアの豊嶋環未さんの指導でプログラムはスタート。

(more…)

冬の海は食の宝庫 間引きワカメはしゃぶしゃぶで

2009 年 12 月 12 日 土曜日
海中に広がる新ワカメ

海中に広がる新ワカメ

有限会社 オズ(三重県・鳥羽市)

 10月に海へはなったワカメの赤ちゃんの成長を見るため、答志島から漁船あみりき丸に乗って養殖場へ向かう参加親子11人と(有)オズのスタッフたち。
 ワカメの赤ちゃん、どのくらい大きくなっていると思う?
 「20センチー!」「50センチー!」「1メートル!」
 子どもたちはみんな、ワカメの成長を楽しみにしている。

(more…)

教育ファームで小さな山里の交流

2009 年 11 月 14 日 土曜日
ステージは奥三河の山里

ステージは奥三河の山里

津具森林組合・NPO法人 とみやま交流センター(愛知県・設楽町 豊根村)

 愛知県と静岡県と長野県の県境にある富山地区は四方を山に囲まれた、人口150人にも満たない小さな集落。
 愛知で唯一、山村留学が行われているこの村でのプログラムは全4回。8月にソバと冬野菜の種まきを行い、今回はその収穫。地元の小中学生8名に、岡崎、名古屋市からの親子2組が加わり、計15名で開催された。

(more…)

ワカメの赤ちゃんって、ちっちゃいワカメじゃないんだ!

2009 年 10 月 25 日 日曜日

有限会社 オズ(三重県・鳥羽市)

海へ出るワカメの赤ちゃん

海へ出るワカメの赤ちゃん

 「ワカメの赤ちゃんってどんな形をしていると思う?」
 (有)オズが運営する海島遊民くらぶの兵頭千穂さんが、ワカメの養殖体験に集まった子どもたちに問いかけると、「小さい!」「種~!」「胞子!」子どもたちがそれぞれに答える。
 答えは海上で確かめようと、鳥羽湾に浮かぶ離島・答志島(とうしじま)から漁船に乗ってワカメの養殖場へと向かった。

(more…)

おやじたちに続け! 父子で夢中のソバ刈り体験

2009 年 10 月 24 日 土曜日

常安おやじの会(愛知県・名古屋市)

島立てしたソバと一緒にキメるおやじたち!

島立てしたソバと一緒にキメるおやじたち!

 名古屋市立常安小学校に通う児童のお父さんたちが、平成19年に結成した「常安おやじの会」。名古屋から約120キロ離れた里山、岐阜県中津川市加子母(かしも)地区まで車を走らせやってくる。5月の田植えで始まった今年の教育ファーム、最後のプログラムは、イネの脱穀とソバの刈り取り体験だ。

(more…)

虹色に輝け!田んぼに泳ぐ魚たち

2009 年 10 月 12 日 月曜日

六ノ里・棚田にじいろプロジェクト(岐阜県・郡上市)

田んぼのアユ 今から食べるよー!

田んぼのアユ 今から食べるよー!

 「いつまでも田んぼが虹色に輝くように」という想いで名づけられた、棚田にじいろプロジェクト。「田んぼにでっかい魚が泳いでいる!」となったら、インパクトがあってたくさんの人に足を運んでもらえるんじゃないかとスタッフたちは考えた。
 「じゃあ、なんの魚がいいかな…」
 そこはやっぱり「渓流王国岐阜県郡上=長良川」、アマゴとアユしかないでしょうということで、古代米など紫・白・黄・緑四色の苗を植えた6月6日から4ヵ月あまり、2枚の棚田にはアユとアマゴ、2匹の魚が姿を現した。

(more…)

親子の交流から国際交流まで 歌も飛び出すイネ刈り体験!

2009 年 10 月 11 日 日曜日

日進野菜塾(愛知県・日進市)

親子でイネ刈り、共同作業

親子でイネ刈り、共同作業

 イネ刈り楽しい?「楽しいー!」
 お米できてうれしい?「うれしー!」
 天気は快晴、絶好のイネ刈り日和。今年から始まった「米と大豆ダブル栽培体験講座(詳しくは7/20のレポート)」も、今回で5回目。全9回のいよいよ折り返し地点にさしかかり、子どもたちのテンションも盛り上がってきている様子だ。
 今日は、昔ながらの手作業でイネを刈り、天日干しするためのはざかけ体験を行う。黄金色に染まった教育ファームの田んぼには、親子33名が集まった。スタッフから説明を受けていよいよイネ刈りがスタート!

(more…)

2年目のステップアップ 生き物で田んぼも畑も生き生きと!

2009 年 7 月 20 日 月曜日
親子で楽しむ生きもの観察会

親子で楽しむ生きもの観察会

日進野菜塾(愛知県・日進市) 

 ニッポンの食卓に欠かせない「ごはん」と「みそ汁」。
 去年は大豆を育てて豆腐・みそ教室を行ったが、教育ファーム2年目を迎える今年の日進野菜塾は、お米づくりも取り入れ、「米と大豆のダブル栽培」体験講座を企画。
 6月に田植えと大豆の種まきを終え、今回は3回目の体験講座。農薬、化成肥料を使わずに栽培する田畑で草取りと生き物観察会を行う。

(more…)

山里で学ぶ、鮎と五平餅のおいしい関係

2009 年 6 月 14 日 日曜日

津具森林組合・NPO法人 とみやま交流センター(愛知県・設楽町 豊根村)

鮎を育てる清流

鮎を育てる清流

 「『いただきます』ってどういう意味?」
 「いのちをたくさんもらってる!」
 素敵な答えに、教室中に拍手がひろがった。愛知県奥三河地区で行われた、山里で学ぶ自然「食」体験塾(※)、開校式のワンシーンだ(※「自然食」ではないこと、それと「食育」を強調したい思いを込めて、自然「食」)。

(more…)


Page 1 of 212»