HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 東北

‘東北’ カテゴリーのアーカイブ

には23件の報告があります

農家発、女子学生経由、参加者親子行き「教育ファーム」

2009 年 10 月 10 日 土曜日

NPO法人オリザ・ネット(宮城県・仙台市)

「そこをね、くるっと…!」

「そこをね、くるっと…!」

 鎌を手に手に集まった宮学ガールズ(宮城学院女子大学食品栄養学科学生16名)に、指導農家の鈴木久さん(84歳!元気!)がイネ刈りの手順を説明する。ワラを一束、颯爽と腰にくくりつけ、イネの株元に手を伸ばしてザク、ザク、ザクとリズミカルな歯音を秋晴れの空に刻む。
 刈って一把をまとめるまで1分もかからない!ひたすら目を丸くして「お~!」と感嘆の声を漏らすガールズたち。もう一度くりかえし実演してもらう……

(more…)

海と陸(おか)のスローフード交流で新発見&再発見

2009 年 9 月 16 日 水曜日
体験農場でざくざくキノコ

体験農場でざくざくキノコ

会津食育推進協議会(福島県・猪苗代町)

 さっき体験農園で手にした食材が、料理に姿を変えて並んでいた。
 「売ってるものよりずっと大きい!」と、ビッグな傘をもつキノコにびっくり。
 「一生食べないと思ってた~」と語る超トマト嫌いの少女を開眼させた、摘みたてトマト。

(more…)

名物ずんだ白玉から学ぶ 農家の庭先の豊かさ

2009 年 8 月 29 日 土曜日
彩りカラフル黒米粉(古代米)入りずんだ白玉と長なす漬け

黒米粉入りずんだ白玉と長なす漬け

NPO法人せんだいプチファーム(宮城県・仙台市)

 5月に定植した枝豆と長ナスが、畑で「とってくれ~」と呼んでいるかのようにたわわに実る。今日は、仙台市内から親子連れを含めて8人の参加者が集まり、採りたてを調理して仙台名物の「ずんだ(※)」白玉づくりと、長なす漬けに挑戦する。
(※ずんだ:つぶして甘く調味した枝豆)

(more…)

ガイドの陰に準備あり、女子大生と園児の田園観察

2009 年 8 月 22 日 土曜日
6月には腰の高さだったイネがもう1mでーす!

6月には腰の高さだったイネがもう1mでーす!

NPO法人オリザ・ネット(宮城県・仙台市)

 宮城学院大学付属幼稚園の園児13名と保護者が、夏真っ盛りの青い水田に降り立った。計測棒(押し入れツッパリ棒)を手にした宮城学院女子大学生のお姉さんが、子どもたちをイネのすぐそばへと誘う。駆け寄った子どもとイネの間に棒を立てて、
 「見てみて!」
 イネは1メートルの計測棒とほとんど同じで、子どもの背丈とも近い。まだ頭を垂れない稲穂がちょうど子どもたちの顔の高さにある。
 「棒の下の白い線が、6月20日に計ったイネの背丈。30センチくらいでした。2か月で3倍に育ったんですね」と、お姉さん。短期間で追い越されちゃったのだ、イネの成長パワーってすごい!

(more…)

穴あけはエキサイティングに、種の扱いはやさ~しく

2009 年 8 月 5 日 水曜日
小野寺キヌエさん(右)は元農業改良普及員も務めていた

小野寺さん(右)は元農業改良普及員も務めていた

安家地区教育ファーム推進協議会
(岩手県・岩泉町)

 「今日は、先週みんなで採った安家地大根(あっかじだいこん)の種をまきます。芽が出てくると、葉っぱの茎が赤いものあれば青いものもあると思うけど、青いものは本来の赤い安家地大根と違って白い大根やピンクの大根になったりします。そういう大根をあとで間引くことも考えて、畑に穴をあけたら種を4コまきましょう」と、指導農家の小野寺キヌエさんの挨拶で活動開始。

(more…)

地域の宝物「安家地大根」のタネ採りに初挑戦!

2009 年 7 月 28 日 火曜日

安家地区教育ファーム推進協議会(岩手県・岩泉町)

枝から実サヤをもぐ。根元には栄養を使い果たした大根が。

枝から実サヤをもぐ。根元には栄養を使い果たした大根が

 岩手県北部、北上山地の山間に受け継がれてきた在来種が「安家地大根(あっかぢだいこん)」だ。鮮やかな紅色と硬い肉質が特徴のこの大根は、おろしなどで食べる、辛味大根の一種である。2003年から栽培に取り組んできた安家小学校では、今年初めて自家採種に取り組んだ。

(more…)

[理屈]と[体験]が重なりあう、食育サマーキャンプ

2009 年 7 月 22 日 水曜日

会津食育推進協議会(福島県・猪苗代町)

ジャガイモ固!でもこの味は私たちにしかできない!

ジャガイモかたっ!でもこの味は私たちにしかできない!

 野営の炊事場で、パプリカを切っていた女子生徒が「私、ピーマンも含めて嫌いなんだよね」と漏らした。隣で見ていたヴィライナワシロの山際料理長が、「それ、そのまま生でちょっと食べてごらん」と促す。

(more…)

行けー細マッチョ!梅の塩漬けは小技も力も必要だ

2009 年 7 月 9 日 木曜日
調理室は梅の爽やかな芳香がぷんぷん

調理室は梅の爽やかな芳香がぷんぷん

丸東改援隊(宮城県・丸森町)

梅干しは収穫からいくつもの行程を経て織りなす味だ。その一連の作業を、丸森東中学校の生徒は学年ごとのリレーで進めている。この日2年生(16名)が塩漬けにした梅の実は、7月初旬に3年生(19名)が、校区の公民館長の畑で完熟手前の青梅を収穫し、陰干ししたもの。指導するのは、丸東改援隊 加工・商品開発部の佐々木光子さんら4名。生徒たちからすれば、おばあちゃんたちの世代だ。

(more…)

100万都市から30分 こんなに豊かな農があるんです!

2009 年 7 月 4 日 土曜日

NPO法人せんだいプチファーム(宮城県仙台市)

1時間で140~150kgのジャガGET!

1時間で140~150kgのジャガGET!

 「はじめに長なすの畑を見ましょう」
 指導農家の三浦隆弘さん(通称:農場長)が声をかけると、仙台市内から集まった8人の参加者があとをぞろぞろついて歩く。5月24日に定植した仙台地方の伝統野菜「仙台長なす」は、腰の高さほどに育っていた。子どもと一緒に定植作業にも参加した夫婦は、「もうこんなに育っているんだ~」と感心。

(more…)

苗を植えるだけとは違う! 超ハイテンション代かき体験

2009 年 6 月 26 日 金曜日

JA秋田ふるさと青年部(秋田県・横手市)

「冷て~」と声を上げながら、みんなもう待ちきれない!

「冷て~」と声を上げながら、みんなもう待ちきれない!

 水が張られた田んぼに並び、「もう入っていい?」目をキラキラさせてそう訊ねる「弟子」たちに、「師匠」たちからは無情の「ダメ」出し。
 「代かきの前に肥料が先なんだよ」
 「え~」「早く入りた~い!」

(more…)


Page 2 of 3«123»