HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 2009» 7 月» 3

2009 年 7 月 3 日 のアーカイブ

には1件の報告があります

里山間伐体験に〈助け合い〉の原点をみる

2009 年 7 月 3 日 金曜日
「よいしょー!」みんなで力を合わせて大木を倒すぞ!

「よいしょー!」みんなで力を合わせて大木を倒すぞ!

静原コスモストピアの会(京都府・京都市)

 「この前、間伐をしないと森が死んでしまうという勉強をしましたね。今日はその間伐をします」
 杉や桧の山々に囲まれた静原小学校。今日は全校生徒18人が、3つの縦割班に分かれて山仕事だ。指導陣は、子どもの頃から山仕事を手伝ってきた地元のベテランたち。
 まずは細めの木を間伐。倒したい側と反対側と幹の両方にナタを入れて切れ目を刻み、倒したい方向に向けて幹を押す。年上の子が年下の子に「ハルはここ、太郎はここを押してみ」と指示をする。バサバサッと音をたてて倒れる瞬間、自然と拍手が湧きおこった。
 「あ、倒れたら光が入ってきた!」
 「そうや、1本倒れただけで結構明るいやろ」

(more…)