HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 2009» 10 月» 22

2009 年 10 月 22 日 のアーカイブ

には1件の報告があります

ピンチを乗り越えたレタスでオリジナルレシピ

2009 年 10 月 22 日 木曜日

昭和村教育委員会(群馬県・昭和村)

苗を植え付ける子どもたち

苗を植え付ける子どもたち

 昭和村はレタスとコンニャクの産地。レタス専業農家の指導のもと、順調にはじまった大河原小学校の教育ファーム活動だったのだが……

 5、6年生12人がレタスの苗の植え付けを行ったのは、8月の末。当初は7月の予定だったのが、ずっと続いた長雨のため延期が重なり、とうとう定植が1カ月以上ずれこんでしまった。
 指導農家の星野さんと土沢さんは、「今から苗を植えても収穫は10月の初霜が降りる時期。植えた苗の1割も収穫できるかどうか……」と、厳しい見通しを子どもたちに伝える。霜に当たったレタスは低温障害で傷んでしまうのだ。「でも、レタスに被覆ネットをかけて保温すればいくらか効果があるかもしれないな」

(more…)