HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 2009» 10 月» 31

2009 年 10 月 31 日 のアーカイブ

には2件の報告があります

試行錯誤の末に自分たちで辿りついたメニュー

2009 年 10 月 31 日 土曜日
カボチャの収穫

カボチャの収穫

都賀町教育委員会事務局(栃木県・都賀町)

 都賀中学校の「縦割り総合的な学習の時間」で18コース開講されたゼミのうち、【食「都賀町の新メニュー開発」コース】を選択した1~3年生15人。教育ファーム畑で3年生が育てたカボチャとニンジンを食材に、自分たちで考えてきた新メニューを、この日の文化祭でプレゼンする。

(more…)

地域ぐるみの感謝祭 餅つきで苦労も喜びも分かち合う

2009 年 10 月 31 日 土曜日

喜多方市小学校農業科推進協議会 (福島県・喜多方市)

種からぜ~んぶ自分たちで育てた誇りと自信がいっぱい!

種からぜ~んぶ自分たちで育てた誇りと自信がいっぱい!

 喜多方市立加納小学校で、保護者と地域の皆さんを招いた秋の学習発表会。
 会場となった体育館には、「農業科」(※)の時間を使った教育ファーム活動の様子が展示されている。5、6年生が取り組んだ「喜多方一うまい米作りプロジェクト」の壁新聞。内容を読んでみると、「脱穀のときワラを持つとチクチク痛い」「肥料はくさい。まんべんなく播くのはたいへん」など、体験して感じたままの素直なコメントだ。種まきから肥料まき、田植え、草取り、案山子作り、そして稲刈りと脱穀に至るまで、苦労や喜びがいきいきと現れている。
※ 喜多方市小学校農業科は2007年4月、全国で初めての取り組みとしてスタート。「市の基幹産業である農業を生かした特色ある教育活動を展開する」「農業のもつ教育的意義を学校教育に生かす」という基本的な方針で実施計画を作成。国の教育特区の認定を受けている。

(more…)