HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート » 2009» 11 月» 15

2009 年 11 月 15 日 のアーカイブ

には2件の報告があります

デジタル(情報)とアナログ(体験)で気持ちをつなぐ

2009 年 11 月 15 日 日曜日
大型バスでダイズ畑に到着

大型バスでダイズ畑に到着

「埼玉地産地消体験クラブ」(埼玉県・蕨市)

 埼玉地産地消体験クラブのダイズづくり。参加親子たちは住宅が立ち並ぶ市街地を離れ、郊外の畑まで大型バスで移動する。距離が遠くて種まきと収穫の2回しかできない活動をなんとかつなげようと、7月にみんなで種をまいたあともスタッフが毎週畑に訪れてブログで「実況中継」。自分でタネをまいたダイズがだんだん育っていく様子を、参加者たちはパソコンから見守りつづけていた。

(more…)

トロ箱もってレッツゴー 大活躍の子ども突撃販売隊

2009 年 11 月 15 日 日曜日
お赤飯できた!みんなでパック詰め

お赤飯できた!みんなでパック詰め

もち米プロジェクト(滋賀県・大津市)

 琵琶湖を東に望んで丘陵地に広がる仰木の里ニュータウンには、現在1万人近くの人たちが暮らしている。もち米プロジェクト(以下「もちプロ」)の会員の多くはこのニュータウンの住民。今日は、年に一度のお祭り「仰木の里フェスタ」の日だ。
 車で10分ほど離れた仰木村で会員たちが収穫したもち米45Kgを使い、赤飯250食、あべかわ餅とおろし餅100食を作って販売する。このフェスタに9年前から毎年出店しているもちプロ。さあ、今日の売れ行きは…

(more…)