HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート» ブログアーカイブ » セクシー美女か、キュートなギャルか スズメはどっちが好み?

セクシー美女か、キュートなギャルか スズメはどっちが好み?

2009 年 8 月 27 日

ウミネコの会(大分県・大分市)

右 セクシー美女(/男性チーム)・左 キュートギャル(/女性チーム)

女性チームのキュートギャルかかし(左)と、男性チームのセクシー美女かかし(右)

 「現役の親たちには仕事があったり子育てがあったり、だから時間がたっぷりあるリタイア組で、子どもたちに農業体験をさせてやろう」
 こんな思いを胸に、地元公民館を拠点に集まったウミネコの会。「何でも知ってて、何でもできる」メンバーの凄さを、これまでの活動のなかで、子どもたちはしっかり感じとっている。今日は、じーちゃんばーちゃん世代にあたる「先生」たちと一緒に、地域の子どもたちが田んぼのかかし作りを行う日だ。

熟女メイクを仕上げる男性チーム。軍手の先にはマニュキュアも!

熟女メイクを仕上げる男性チーム。軍手の先にはマニュキュアも!

 じーちゃんを指揮官に集まった男性チームは、「そもそも、かかしとはなんぞや」という大テーマからの話し合い。
 「かかしは、スズメの関心をイネからそらし田んぼから追い払うもの」という定義が導き出され、やがて「スズメに効くかかしの外見は、男か、女か?」という話で盛り上がってきた。
 「スズメが惑うのは色っぽい熟女」、「美女に見とれてスズメも米を食べるのを忘れるもんだ」という人生経験豊かなじーちゃんの鶴の一声でコンセプトが決定!演歌歌手の八代亜紀さん似の顔づくりからスタートした。

ファッションコーディネートに試行錯誤の女性チーム。真剣!

ファッションコーディネートに試行錯誤の女性チーム。真剣!

 対照的なのが、ばーちゃん率いる女性チーム。こだわりの中心はファッションだ。
 「かかしだってかわいくなくっちゃ、意味ないじゃん!」
 用意された古着の山から、バーゲン会場さながらの服漁り。女十人寄ってあれやこれやのファッション談義は、「色」を決定するだけでもひと騒動。
 「スズメって何色が一番嫌いなの?」と、人生の先輩(ばーちゃん)に問えば、
 「まー、田んぼにカラスの死骸をぶら下げとけば怖がって寄りつかんから、“黒”じゃないかねー」
 こうして濃紺のボーダーTシャツの重ね着に短パンという基本スタイルが決定。

その結果……

 真っ赤な唇に目元のアイラインもバッチリ…とセクシー美女かかしを誕生させたのが男性チーム。「ウィンクしちょるのわかるかい?」
 女性チームは、麦わら帽子を今風にカット、手作りネックレスに重ね着と、ディテールに凝ったキュートギャルかかしに仕上げた。

 さてさて、スズメに効くのはどっちのかかしかな?

文責:九州・沖縄ブロック事務局 矢野菜穂