HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート» ブログアーカイブ » スローフードなフルコース

スローフードなフルコース

2008 年 10 月 18 日

綾町教育ファーム協議会(宮崎県・綾町)

 宮崎市から車で約40分。「有機農業のまち」として知られる綾町には、年間100万人を超える観光客や農業体験者が訪れる。町の中心部にある直売所「ほんものセンター」は、開店と同時に駐車場が埋まり瞬く間に野菜や総菜が売れていく大人気店。そんな綾町で行なわれる教育ファームは、小学生の親子グループと団塊世代グループと二つのコースに分かれ、まる1日かけての有機野菜の栽培と収穫した野菜を使っての郷土料理づくりのメニュー。

親子&団塊揃ってのサツマイモの収穫作業

 役場として初めて取りくむ教育ファーム。1日のなかで農業体験の上に料理教室を組ませるのは、時間的にも盛り込みすぎじゃないかという反対意見も多かったそうだ。
「でも農業体験だけなら、宮崎のどこでもできるしね」と、役場の吉川さんは語る。「綾の地元の安心安全な食材で昔からの郷土料理をつくって味わおうという『スローフードなフルコース』を用意したのが、結果的に、宮崎市内から参加してくださる人たちの、“綾をまるごと楽しみたい”という志向とマッチしたんじゃないでしょうか」
 収穫したばかりのサツマイモで、親子グループはさっそく料理教室へ。
 五穀ごはんのほかには、蒸して練ったサツマイモを団子にしたものをニンジン、ゴボウ、豆腐などの具とともに味噌仕立てのつゆに加えた「サツマイモだごじる」、宮崎ではよくつくられるイモがらの酢の物、香ばしい菜種油で揚げたイモかりんとうと、イモづくし一汁三菜のランチメニューを、みんなでつくっていただきまーすっ!
 サツマイモ料理の七変化を体験した子どもたちの、うちではなかなか見せない旺盛な食欲に、お母さんお父さんもびっくりの様子だった。

  

    「大きな口をあけて いただきまーす!!」

(文責:事務局)