HOME > 教育ファーム活動報告 >教育ファーム2009現地レポート

総報告件数は176件です

ダイズも寝相によっては息苦しい?

2008 年 6 月 13 日

ほほえみ会(兵庫県・佐用町)

 佐用町立利神(りかん)小学校の3年生は毎年、1年を通してダイズの栽培体験に取り組んでいる。サポートするのは、この道35年、ベテラン生活研究グループ「ほほえみ会」の面々。なかでも子どもたちに「駅ばあちゃん」の愛称で呼ばれている、会長の井口美子(よしこ)さんは、平成10年からゲストティーチャーとして、年間80時間の授業をこなす。「駅ばあちゃん」というのは、「ほほえみ会」が佐用町の道の駅「宿場町ひらふく」のなかで、「因幡街道平成福の市」という直売所を運営していることから。井口さんは、子どもたちにとって、まさに「道の駅の顔」といったところなのだ。

一粒一粒。小さな手でいのちの種をまく

この投稿の続きを読む »

私のかけた袋が病害虫を防ぐ

2008 年 6 月 13 日

香川豊南農業協同組合 梨部会 (香川県・観音寺市)

6/13(金)、天気は梅雨の合間の快晴に恵まれた。今日は子どもたちが梨の袋をかけを体験する日。子どもたちは生産者の熱心な指導のもと、二十世紀の小さな実ひとつひとつに病害虫を防ぐための黄色い袋をかぶせていく。 この投稿の続きを読む »

タッグでサツマイモ植えつけに挑戦

2008 年 6 月 12 日

JA三次 (広島県・三次市)

「ほらほら、根が表に出とるよ」「芽が埋まとったら、大きくならんよ」。
高学年のベテランが低学年のルーキーの手をとって、やさしくサツマイモの苗を畑に植え付ける。三次市立酒河小学校では、JA三次とその組合員の指導で毎年サツマイモを育てている。 この投稿の続きを読む »

田祭りで世代間の交流 「よぉたかきました」

2008 年 6 月 12 日

たんぼにおえかき実行委員会 (富山県・砺波市)

  富山県は砺波市、五鹿屋幼稚園の遊戯室。子どもたちから、「あ、田んぼのおじちゃんだ!」という声が上がる。5月に一緒に田植えをしているから、もうすっかり顔なじみ。たんぼにおえかき実行委員会の会長小幡さんが、杵を片手に「田んぼのおじちゃんがつくぞー」というと、

   この投稿の続きを読む »

自由奔放に「ほたこえ」なさい

2008 年 6 月 10 日

介良地区教育ファーム推進協議会 (高知県・高知市)

6/10(火)天気は曇り。
高知市の介良(けら)小学校5年生88名による、その名も「ほたこえなさい」(穂多肥皆祭)=田植えが行われた。

一昨年から引き続き今年も、四国・九州アイランドリーグの高知ファイティングドッグスの監督・コーチ・選手たちにも特別参加していただき、児童と一緒になって田植えにチャレンジ。

田んぼのおやじこと、農家の中島さんの号令で田植え開始。
この投稿の続きを読む »

児童オールファーマーへの道

2008 年 6 月 8 日

福山市立 新市小学校 (広島県・福山市)

広島県福山市立新市小学校では、全校児童オールファーマーだ。つまり、誰もが何らかの作物を、手塩にかけて育てている。この日は5年生児童の田植え! この投稿の続きを読む »


Page 18 of 18« First...«1415161718